愛知県で製菓を学ぶなら「豊橋調理製菓専門学校」がお勧め!!

豊橋調理製菓専門学校は、調理師と製菓の資格を学ぶ事ができる愛知県にある専門学校です。ここでは、将来パティシエを目指している方にお勧めする「豊橋調理製菓専門学校」のついてお届けします。

「パティシエ」の基礎知識

製菓学校 愛知

パティシエについて

パティシエとは?

パティシエとは、フランス語では「菓子製造人」と言う意味があります。日本では主に、洋菓子店、レストラン、ホテル等が活躍の場となっており、ケーキやクッキー等の洋菓子を専門に作る職人の事を指します。パティシエ一人で一つの洋菓子を一から完成させる事もあれば、計量・生地作り・デコレーションと言うように各工程に分かれて、複数のパティシエが分業している場合もあります。
パティシエは、色々な種類の洋菓子のレシピをはじめ、その洋菓子に関する材料の分量や取扱い方等も十分に熟知しています。なので、お菓子作りに必要な様々な材料や器具を巧みに扱う事ができます。お菓子作りの経験値と熟練されたお菓子作りの技術によって、お客様に満足してもらえる洋菓子を作り続けるお菓子作りのスペシャリストです。

パティシエになるには?

パティシエは前途でもお伝えしたように、洋菓子店、レストラン等でケーキやデザートを作る仕事です。常に新しいスイーツを創り出す、そんなイメージが強いクリエイティブな職業と言えます。しかし、クリエイティブな能力だけでは無く、常に同じクオリティーの味と技術を持ってお菓子を作り続ける、高度な技術が求められる仕事でもあります。なので、パティシエになる為には、調理師専門学校や製菓専門学校等に通って、しっかりとパティシエ職人になる為の基礎技術を学ぶ事が必須です。卒業後は、洋菓子店やホテル等に就職してパティシエとして活躍するのが一般的です。

豊橋調理製菓専門学校で製菓を学ぶ良さ

製菓学校 愛知

豊橋調理製菓専門学校のお得なオープンキャンパス

学校と言うのは数回通うような場所では無く、数年に渡って通う学びの場です。だからこそ、校舎や学校全体の雰囲気、開催されている実際の授業内容、講師の先生等、色々気になる事もありますよね。豊橋調理製菓専門学校では、3日前までにオープンキャンパスの申し込みを行えば、何回でもオープンキャンパスに参加する事ができます。
オープンキャンパスでは、毎回学校の説明と一緒に調理のデモンストレーションを体験する事ができるので、学校生活の想像がつきやすかったり、楽しんでオープンキャンパスに参加する事ができたり、有意義な時間を過ごす事ができます。また、何度かオープンキャンパスに参加すると入学に関する費用の割引制度が設けられており、入学志願者へ向けたお得な特典も用意されています。その他にも、個別相談会もオープンキャンパスの中に設けられているので、不明な点や不安な点等についても個人的に学校の人に相談する事ができます。

料理ジャンルを限定せず幅広く学ぶ事ができる

将来、パティシエになって「多くの人を食べる事で笑顔にしたい!」そんな志を持っている人には、豊橋調理製菓専門学校は色々なジャンルの料理を学ぶ事ができるのでお勧めです。例えば、将来「和菓子店で働きたい」「西洋菓子職人になりたい」「パン屋さんになる」「カフェを開きたい」等、人それぞれ目指している夢や食の好みにも違いがあります。製菓の知識を広げる為にも、自分が好きなジャンルの料理ばかりに偏らず色々なジャンルを学ぶ事が大切です。
豊橋調理製菓専門学校では、製菓、パン、カフェ等、幅広いジャンルの事柄について学ぶ事ができるカリキュラムになっています。なので、各ジャンルの料理知識を身に付ける事ができオールマイティーに学ぶので、進路でどの分野に進んでも知識と技術を活かす事ができます。このように、各ジャンルの料理基礎を習得できる事は、将来の強みになります。

キャリアアップに向けた就職活動を永久サポート

豊橋調理製菓専門学校では、学校に通う生徒に向けて充実した就職活動サポートの取り組みが行われています。学校に通う卒業生は、殆どの場合、自分が専攻した分野に就職します。調理、製菓の職業で必要とされる専門的知識や技術習得をしているので、即戦力として活躍する事ができます。求人募集を行っている企業側も基本知識や技術が身に付いている人材を探しているので、学校には優秀な人材を求める多くの企業から求人情報が送られてきます。自分が初めて就職する場合、また、自分のステップアップの為に転職希望をしている場合等、豊橋調理製菓専門学校で自分に見合う求人紹介をしてくれるので、有利な形で就職活動を進めていく事ができます。その就職サポートは学校を卒業した後も手厚く永久サポートしてくれるので、そのサポートを上手く活用しながら就職活動やキャリアアップを目指せます。

豊橋調理製菓専門学校で取得できる資格

製菓学校 愛知

● 製菓衛生師 ●

製菓衛生師は、お菓子作りのエキスパートとして認められる国家資格です。しかし、パティシエになる為には、実はこの資格を特に持っていなくてもパティスリーや菓子製造工場等で働く事ができます。ですが、栄養、衛生、お菓子の作り方と言うように、製菓に関する幅広い知識を持つ証明として製菓衛生師の国家資格を取得する事は、パティシエとして働く上でもメリットがあります。

就職に有利になる

製菓衛生師の資格を取得する事で、将来の就職や転職する際に有利になります。それは、パティシエ、パン職人、和菓子職人等、製菓業の多くの求人募集要項には、製菓衛生師資格取得が条件になっている職場が多い事が挙げられます。なので、資格を持っているだけで職の幅が広がり就職先にも選択肢があります。

食品衛生責任者の講習免除

将来「自分のお店を開きたい!」と思っている人もいますよね。その際には、食品衛生責任者になる必要があるのです。通常であれば講習を受ける必要がありますが、製菓衛生師の資格取得者は講習が免除されるので、申請するだけで取得する事ができます。将来「シェフパティシエになりたい」「自分のお店を持ちたい」「製造の商品を開発する仕事がしたい」等、色々製菓業でその夢を実現する為にも、製菓衛生師の資格があると有効活用する事ができます。

● ラッピングコーディネーター ●

ラッピングコーディネーターは、包装紙やリボン等を用いて、包装の見た目を美しくしたり、素敵にしたり、個性的に包んだりして、ギフトを素敵な形に創り出すコーディネートスキルを習得した人の事を指します。今の時代は、基礎的なコーディネートスキルから、生花、フラワーアート、ホビーに波及しており、デパートをはじめ雑貨店やスイーツショップ等でも素敵なラッピングの需要は高まっています。 商品をラッピングする技術はもちろん、季節、行事、冠婚葬祭と言うようにギフトに関する総合知識を持つラッピングのプロと言えます。なので、ラッピングコーディネーターは、包装するギフトに最適なラッピングを瞬時に判断する事ができます。また、お客様のイメージやリクエストに応える事のできる、ラッピングセンスやスキルを持ち合わせているのがラッピングコーディネーターです。ラッピングは、パティシエになった際にも日々役立てる事のできる実践的な資格といえます。資格取得後には、自分のセンスを反映させて独自のスタイルを表現する事ができます。